ネットワークホリデープロトコル



NHP Top

NHPクライアント
NHPサーバ
仕様 (Ver. 0.3.0)
日本国の祝日
カレンダーサービス
管理運用情報

Network Holiday Protocolは、ネットワークを介し、祝日データを取得するためのプロトコルです。

祝日データはわずかなデータ量ながら、算出するには適さないデータで、正確に対応するためにはその少ないデータ量に見合わないコストがかかります。このコストを最小化するために考案されたのが、Network Holiday Protocol(以下、NHP)です。祝日データを必要とするユーザはNHPサーバにアクセスすることで祝日データを利用することができます。現状、このサイトではNHPはhttp上で運用されており、既存のツールのみで利用可能です。使用法の詳細は、NHPクライアントを参照してください。

NHPは階層化・分散化したシステムを指向しており、多くのNHPサーバがこのシステムに参加することを歓迎します。また、Ver. 0.3.0以降では、国の祝日だけでなく、各NHPサーバ任意の祝日も設定することができるようになりました。NHPサーバの開設・管理運用に関しては、NHPサーバを参照してください。


TOPICS

・2018-10-12
新天皇即位に伴う祝日に関する対応について

・2018-06-15
東京オリンピック開催に伴う2020年の祝日に関する対応について

・2018-03-01
カレンダーサービスを開始しました。

・2018-02-04
日本国の祝日について、2019-02-12~2020-02-11までの祝日データを更新しました。

・2017-12-15
同期プロトコル草案を公開しました。

・2017-02-02
日本国の祝日について、2018-02-12~2019-02-11までの祝日データを更新しました。

・2016-03-31
NHP-0.3.0を公開しました。


------

祝日は、IT的には非常につまらないデータです。公開情報のため秘匿性も不要ですし、一瞬の変化に即時の対応を迫られるような緊急性もありません。祝日は、そんな瑣末なデータながら、その割に社会に与える影響は意外に大きいものです。にもかかわらず、いままで大きく取り上げられることはありませんでした。そんな不遇な祝日ですが、このNHPが多少なりともその不遇を緩和し、世の中のお役に立てれば幸いです。

2016年3月31日 よしのぶ 
e-mail:nhp@rita.karing.jp